妻にすすめられた育毛剤!びっくりするほど変わるミノキシジルのパワー

メニュー

ミノキシジル配合の育毛剤ロゲインとは 内服タイプのミノキシジル 薄毛の原因

薄毛の原因

世の多くの男性が抱える悩みのひとつとして、薄毛があるのではないかと思います。
男性特有のものは近年ではAGAなどの名称でも広く知られていますね。
その症状としては、カッパのように頭頂部の中心から頭髪が薄くなっていくものと、額の生え際、おもに両端がちょうどアルファベットのMの字のように薄くなっていくもの、あるいはその両方が同時に進行するものがみられます。
原因は多くあって、遺伝的な要因、過度の飲酒や喫煙、偏った食生活などの生活習慣によるもの、現代人の多くが抱えていると言われているストレスによるものなどが挙げられています。
その中でも男性ホルモンに起因するものは、最大の原因とされているのです。
なので、現代の薄毛対策、薄毛治療はその男性ホルモンの働きを抑えるというところがひとつの柱になっているのです。
男性ホルモンテストステロンが、酵素の働きによりAGAの原因であるジヒドロテストステロンとなります。
この作用を抑制するための成分にフィナステリドがあり、その錠剤であるプロペシアは錠剤であることの手軽さとその効果の高さから、昨今のAGA治療の中心となっています。
またプロペシアは治療というよりも、AGAの症状が出る前の、予防手段的に服用される方も増えています。
AGAを改善しようとすると、どうしても発毛しようと考えてしまいがちですが、薄くなった毛髪を再び生やすことはかなり難しく、ミノキシジルなどが含まれた薬品を使用しても効果には個人差があったり、長い時間がかかったりという具合です。
なのでAGAには事前の予防や対策、早期の治療が大切なのです。
プロペシアは髪の毛が太くなりコシが出た、ボリューム感がアップしたと言う声もあるようですが、どちらかと言うと積極的な発毛よりは、脱毛および頭髪が細くなるのを防ぎ、AGAの症状の進行をくい止めるといった効果があるのです。
AGA治療の薬品は、継続していくことで徐々に効果が実感できるようになるのですが、プロペシアはその薬価の高さゆえに継続が困難、または相当の負担と思われる方が多くいるのが現状です。
あなたのAGAがそれほど進行した状態でなければ、まずはその生活習慣を改めてみてからでも遅くはないかもしれません。