妻にすすめられた育毛剤!びっくりするほど変わるミノキシジルのパワー

メニュー

ミノキシジル配合の育毛剤ロゲインとは 内服タイプのミノキシジル 薄毛の原因

ミノキシジル配合の育毛剤ロゲインとは

ロゲインを調べている方、使ってみようかと検討中の方、使用中の方はミノキシジルという言葉をご存知ですか。
ロゲインとは育毛剤の事で、使用中の方はミノキシジル、という言葉は知っていてもその成分について説明できる方は少ないかと思います。
そこで今回はロゲインについて説明しつつ、ミノキシジルへの理解を深めるために説明をしたいと思います。
まず、ロゲインとはアメリカのファイザー社による育毛剤で世界でNo.1の売上とのことです。ちなみに本場のアメリカでは近くの薬局で販売されているそうですが、日本で使いたい場合、輸入するしか入手方法がありません。
その気になる効能ですが、薄毛の原因である毛根部分の毛細血管への血流促進および増進効果です。
本格的な薄毛医療が成り立つ前に薄毛の原因として栄養不足による髪の痩せ細りという解釈があり、それをロゲインという育毛剤が実証しました。
ロゲインに使われているミノキシジルは毛根の血管拡張を促すとして日本では厚生労働省にて認可を受けた医薬品となっています。
薄毛治療といえば育毛剤のイメージが強いと思いますが、このミノキシジルには外用薬と内用薬があり、丈夫な髪の毛の育成と抜け毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制する働きがあります。
外用薬と内用薬での効果は同程度か同時に使用するのがよいとされていますが、外用薬の方が皮膚による吸収なので効果はいまいちかもしれませんが、その分副作用の心配が少ないです。内服薬の場合ですと、薬の成分が直接血液に溶けるので効果が出やすいです。ミノキシジルは元々、血圧低下のために開発されたものなので心臓の既往症の方の使用禁止や低血圧の方へのめまいなどの副作用の喚起があります。さらに海外輸入物が一般的ですが、より治療を効率的に行うために高濃度のミノキシジル配合の育毛剤も海外では普通に販売されています。そのようなものを使用するにはきちんとした知識と理解が必要ですので、ひとまず最初に試したい方はミノキシジルが認可された5%程度の配合であるロゲインを試してみてはいかがでしょうか。
ミノキシジル成分配合の育毛剤は外用薬だけではありません。ミノキシジルタブレットと言って内服タイプのものもあります。
外用薬と比較してみるとミノキシジルタブレットには様々な利点があります。まず外用タイプの場合ですと塗り込むのに時間がかかり、乾かすことにも手間が必要になります。その点、タブレットの場合は錠剤を飲むだけですので時間を必要としません。
また体内で吸収する為、外用タイプよりも強い効き目があることも実証されています。
そしてミノキシジルと同時にプロペシアを併用して使用することで相乗効果が生まれより高い効果を得られることも実証済です。

ミノキシジル配合のロゲインは薄毛治療に効果のある育毛剤です。